日本刀を手に入れるなら知っておくべき!日本刀の基礎知識と失敗しない購入の方法を解説

当サイトは日本刀を手に入れるなら知っておくべき、刀剣の基礎知識と失敗しない購入の方法を解説しています。
初めての刀購入を検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
刀を販売しているお店にはどのようなものがあるのか、という疑問にもお答えしているサイトです。
さらにネットで刀を購入するメリットにも触れているので、これからwebの刀剣ショップで買うことを検討しているのなら目を通してみると役立つ可能性があります。

日本刀を手に入れるなら知っておくべき!日本刀の基礎知識と失敗しない購入の方法を解説

美しい形状と趣きある風合いが人を惹きつける美術工芸品の日本刀は、どのようにして購入するべきか初めての場合分かりにくいのではないでしょうか。
日本刀はオークションや通販ショップ、刀剣の専門店などを通じて手に入れることができます。
購入したいものが決まっているのなら、相場に合っているか登録証が付いているかなどをチェックして信頼のできるところから購入するようにします。
初心者の場合には日本刀の専門店で購入するのが安心です。

日本刀が今の形状になるまでの歴史

日本刀と聞くと、大半の方が江戸時代の武士が持っているものとイメージをなさるでしょう。
昨今では若い女性の間に注目をされており、全国各地で展覧会も開催されるほどとなりました。
刀身が約1メートル、湾曲した形になっているのが特徴ですが、もともとは異なった形状をしていました。
そこでここでは、日本刀が現在の形になるまでの歴史をご紹介していきましょう。
最初に日本刀が生まれたのは、飛鳥時代のことです。
このときは今のようなスタイルではなく、中国や朝鮮半島などで見受けられていた剣と同じ形でした。
両刃で鍔が大きいものでしたが、室町時代になると日本刀らしい原形が生まれます。
これは小柄な日本人の身体に合わせて細身にしており、片手でも振るいやすいように片刃となったわけです。
刀身が湾曲しているのは、強い力で刃同士がぶつかっても折れないようにしているからです。
歴史のなかで幾たびも形状が異なりますが、それは使いやすさを考慮しているからです。

日本刀はどうやって作られる?素材から鋳造方法までを解説

日本の伝統工芸品として高く評価されている「日本刀」は、古くは武士や侍が所持しており、現代でも伝統文化の保存として作り続けられています。
刀剣の素材から鋳造方法は、刀剣の素材となる玉鋼と呼ばれる松の炭と出雲地方の砂鉄から特殊製法で作られる鋼であり、非常に硬く切れ味のよい刃がつきやすい特徴を持っています。
たたら製鉄によって就くたれた鋼を再度加熱し、1cmほどの板へ作り変えるへし作業を経て作られたへし金を、平らな板の上に積み重ね加熱し、ハンマーで叩いて崩れないように圧着させます。
圧着された鋼は鍛造することでより強靭に洗練された金属となり、ある程度鍛錬が進み鋼が平坦化したら半分ほど切れ込みを入れて鋼を折り返し、再度加熱して鍛造する折り返し鍛錬を繰り返し行います。
8~20回ほど折り返し鍛錬を行ったら、作り込みと呼ばれる刃金と皮金をあわせて日本刀の形の基礎にしていきます。
作り込みで鍛接が完了したら、いよいよ刀の形を電動ハンマーで作り、歪みや細かな調整は小槌を使用して修正します。
形成後火造りと呼ばれる工程で切っ先を作り込み、荒仕上げと呼ばれるセンがけとヤスリで形を整え、砥石を使用して慣らし仕上げます。
焼入れを行う前に一度土置きを行い、刀身を一度焼入れ用の土で覆い冷やしたら800℃の熱で焼入れを行い、最後に銘切りをして完成です。

日本刀は個人で購入して所持できる?

日本刀は個人で購入して所持することも可能です。
我が国は銃刀法という法律があり、原則的には銃砲や刀剣の所持は禁止されていますが、美術品としての価値があると認められた日本刀については所持が認められています。
この登録を受け付けているのは各都道府県の教育委員会であり、そこに届け出を行い登録証を発行してもらうことで、法律違反となることなく合法的に所持ができるのです。
一般的に、販売されている日本刀を購入する場合には既に登録証が発行されているはずですから、確認の上で併せて受け取ることになりますので覚えておきましょう。
なお、仮に例えば親族の遺品などから刀が見つかりどうやら登録されていないようだとなった場合でも、それ自体は確かに問題ではありますが一旦警察に届けた上で同じく教育委員会の登録を受ければ、その後は合法的に所持が認められます。
ただしこのように保持ができるのはあくまでも美術品としての価値があると認められたものに限ります。

日本刀を手に入れる目的にはどんなものがあるか

日本刀は日本の伝統的な工芸品でもあり、美術品としての人気も高いです。
ですがもともとは日本刀は戦いに用いられる武器という扱でもあり、危険も伴います。
そのため、所持するのには銃刀法で規制がされていますが、手続きを行うことで、特別な資格や講習を受けなくても誰でも簡単に入手することが可能になっています。
入手する目的は主に二つに分けられており、居合道などのスポーツでの使用と観賞用での購入があげられます。
居合道では日本刀を使って体を動かし心身ともに鍛えるという目的があります。
観賞用は、専門性の高い美術品として愛好家にはこれまでも人気がありましたが、ゲームやアニメなどの影響もあって、いまや海外の方からも支持を受けており、各地で展覧会も開催されています。
日本刀は刀身の美しさはもちろん、作られた年代によっても特徴が異なりさまざまな魅力を持っています。
細かい点にも注目して鑑賞することでさらに楽しみが増えることでしょう。

著者:上岡末一

筆者プロフィール

千葉県流山市出身。
日本刀をインテリアとして飾って楽しんでいます。
専門店を見てまわるのも好きです。
日本刀の販売店